ABOUT
キラリの日PHOTO
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
SIGNAL (通常盤)
SIGNAL (通常盤) (JUGEMレビュー »)
KAT-TUN,ma-saya,JOKER,AKIRA,白井裕紀,新美香,長岡成貢
OTHERS

<< 24時間テレビ〜 | main | ばとん >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / - / - /
24時間テレビのテーマが絆ってことで私が一番家族との絆を感じた
出産の時の話しを書こうかなと思います。
別に書くのを忘れててこじつけたわけではありません((
とっても長いのですが良かったら読んでくださいね!

予定日が7月27日だったんですが、前駆陣痛は7月に入ってから何度もありました。
7月14日の夜に本格的な陣痛がきたんだけど
体力を付けておこう!と眠ったら消えてしまったんです。
次の15日の朝からジワジワとお腹の痛みがはじまり
昼頃には10分間隔になったのでメッセ名で報告して
病院に電話して入院しました。

入院室に案内されて検査して陣痛室に移動したんですが
なぜか陣痛が遠のいて消えて無くなったんです。
陣痛が来ても消えてしまう状態が3日続きました。
辛かった。
陣痛室は二人部屋で、隣からは陣痛で痛がってる声が聞こえてくるし
赤ちゃん生まれてるし。
夫がずっと付き添っていてくれたんだけど
用事があって途中で帰ると悲しくてずっと泣いていました。
陣痛が来ないのも前に流産したのも私のせいで、私が悪いんだ!と思ってしまって
夫が居ないときに看護士さんの前で一度大泣きしてしまったんです。
そのときの看護士さんが
「前回の流産は赤ちゃんが大きくなれなかったんだからしょうがない。
今回はあと産むだけの所までこれたんだから
何があっても絶対産ませてあげる。
赤ちゃんを絶対に守ってあげるから大丈夫。
泣いてたら赤ちゃんが心配して出てこれないよ。」
って言ってくれたんです。
看護師さんの言葉に本当に勇気付けられてたし
前回の赤ちゃんのこともやっと吹っ切ることが出来ました。

あんまり生まれてこないから病院中を歩き回ってたんだけど
病棟で有名になってたらしくて
知らないおばあちゃんに「頑張って!」と言われたし
旦那も赤ちゃんを産んだ人に「まだなんですか?」と聞かれたそうです。
赤ちゃんを産むのは私一人だけど
私は一人じゃないんだ!と思えたから3日も赤ちゃんを待てたんだと思います。

あんまり生まれてこないので17日の夜に一時帰宅をして
息子とゆっくりお風呂に入って本屋に行って「ひよこクラブ」買って
家族でのんびり過ごしていたらまた陣痛がきました。
そしておしるしが来たんです!!!

長いので続き↓


病院に戻った18日、おしるしもあったので
とうとう陣痛誘発剤を飲む事になりました。
10時にのんだ1錠目で陣痛がきたのですぐ産まれる!と思ったんだけど
・・・甘かった〜(つд∩)
生まれたの19日のAM4:47ですからね。
6錠のみきっても本格的な陣痛にはならなくて看護師さんに
「あなたは血圧もあったからゆっくり産んだ方がいいと思うから
気長にいきましょう。焦るのが一番ダメなのよ!」
と分娩監視装置をつけたらやっと本格的な陣痛がきてました。
この時点で19日の午前12時くらいだったかな((
経産婦ということで午前1時に分娩台に上がりました。
監視装置も付けました。
点滴も付けました。
(何かあった時にすぐ点滴できるよう確保しておくんだって)
足も開きました(ぇ
・・・陣痛の間隔が狭まらないし赤ちゃん降りてこない!!!
一番辛かったのがここからの3時間でした。
眠いのと痛いのでわけわからん状態です。
記憶がほとんどありません。
覚えているのは・・・
ずっと夫が手を握っていてくれていたんですが
陣痛が来ると痛いから握ったままブンブン振りまわしていたこと、
デッカイ声で「痛いー!!!」と叫んでたこと
助産婦さんが「そんなに叫んだら皆起きるわよ!」と言って
足をべちっと叩いたこと(笑)
大騒ぎして大暴れしてる私に夫が優しく声をかけてくれていたことかな^^;
夫は「目に生気がなくて本当に怖かった。
死んじゃうかと思ったよ」だって。本当に怖かったらしい・・・。

いきみが来たので夫に助産婦さんを呼んでもらって内診したら
「赤ちゃん下りてきてるみたいだから一回いきんでみて」と言われて
いきんだらいきなり破水しました。
・・・この辺からまた記憶が余りないんですが
気がついたら看護師さんが二人増えてて
また私が騒いだみたいで怒られてたような気がします^^;
何度目かのいきみの後助産師さんが「手を離して!力を抜いて!」と言ったので
夫の手を離した瞬間

「おぎゃー!!!」

という元気な産声が聞こえてきました。

助産師さんに「元気な女のお子さんですよ!」と言われて
隣でずっと手を握っていてくれた夫の方を見たら
メガネを外して涙を流して声を上げて号泣しててびっくりしました。
この辺から記憶があるんですよ。
なんで泣いていたのか後で聞いてみたら、
赤ちゃんが産まれたとき私が
「赤ちゃん赤ちゃん、私の赤ちゃん」と叫んで両手を伸ばしたらしくて
それをみたら今までのことを思い出しちゃったんだって。
・・・記憶ねぇ!!!!!


今回のお産は、精神的にも肉体的にも本当に辛いものでした。
でも、3日間ほとんど寝ずに側に居てくれた夫や
心配してくれていた方々のお陰で無事に産むことが出来たと思います。
赤ちゃんを産むのは私一人だけど私は一人じゃなかった。
これが、絆なのかな?


ななかをとり上げたのは助産師さんですがその後の処置は先生がしています。
助産師だから大丈夫なんだよ。
私が出産した病院は看護士に内診をさせるような病院ではありません。
あのニュースをみて、病院長の発言に苛立ちを感じました。
命の誕生を何だと思ってるんだ!!!
またにてぃらいふ / comments(0) / trackbacks(0) /
スポンサーサイト
- / - / - /
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://vivakirari.jugem.jp/trackback/158
トラックバック